ゆるぱん

You-Tube音楽、ショートショート、詩、創作日記

you-tube音楽動画、世界の音楽
-

ラダムール伝説-10-時間商事-1

-
[ トキマ商事-1]
----------------------------------------


私、屋屋論時、ややろんじと言います
そう、ややと言っても、
やや太めの性格、着ぶくれ服に
身をこなして、今日も自宅から、やや遠い
やや駅に、やや、急いで行っている
----------------------------------------


[ 会社にて ]


屋屋:ややお早うございます


課長:ややお早う


屋屋:課長は今日もやや、お元気で


課長:そうなんだよ、やや、腰が痛くてねえ


屋屋:そうですか、それはややいけませんねえ
   私がへそなどを拝見して上げましょう


課長:君君、ややへそはまずいよ
   他人にみられたら、やや変人だと
   思われるじゃないか
   ・・
   それに、そこも、あそこも、
   やや美人の再子さんにもみあげて
   もらったから
   腰だけにしてくれたまえ
   ・・
   ついでに今日の新品は
   やや旨い激令めラーメンだから
   圏内、テレホが届く範囲を巡回だよ
   頑張って


:::リリリーン


屋屋:はい、やや違います、
   そうです、課長ですか
   はい、かしこまりました


課長 はい、園君ですか
   きみとそのくん?
   はい、かしこまりました


屋屋:おお、再子さん、最近再婚されたそうで


再子:ええ、しかしも越したことはありませんけど


園 :え、そんな事をいって、豚が木にのぼったら
   そうですか、おかわいそうに


課長:きみだ君ーーーー
   ・・
   きみだよ、君は昨日からきた、黄身田くんだよね
   えーー、やや違うって、どう芥子ぐわいなのかね


屋屋:母が最初に言ってくれなかったものだから
   ややマヨネーズよりのおでんだって


再子:何の話なの


屋屋:シーズニング店の受け売り流行じゃないの
   我が物の若者の間ではやらしてるだと
   芥子が体で、マヨネーズが・・・だよ


黄身:あのう、すいません、履歴書、
   再校正してきたので見てもらおうかと


課長:うーん、やや遅いなあ
   もっと、はやく、こうーテキのパキと


黄身:それが、さっきも言いました様に、
   ややマヨネーズよりのおでんだって
   いう、訳ですよ、妻の白美が
   よせばいいのに、朝から連めろめろ
   を見ていたくせに
   ・・
   このやろう
   今日帰っても、明日じゃ追いつけ
   ないじゃないですか
   連メロは再放送ないですよねえ
   先輩!


屋屋:僕に聞かれても、そんな重要な事は
   部長を通さないと


黄身:やっぱり、がっくり、白美、おぼえていろーーー
   先輩、ゴンの芥子の具合はどうですか


屋屋:だいぶよくなってきているからして
   明日のやや早目に病院見舞いを


黄身:病院を見舞いするときは
   僕も連れドラにしてくださいよ


屋屋:えーー、じゃあ課長の連れドラはどうすんのよ


再子:課長は再放送を社長におねだりしてるはずよ


屋屋:そうかやっぱり、で、今日もやや腰が痛い何って
   うそぶいて、奥さんの巴に言いつけよう
   とこれは我々だけの秘密だから


黄身:それはそうと、午後に
   外回り、お供しましょうか


屋屋:いいよ、今日は再子がいるし
   園くんを手伝えばー、


黄身:園さんは私の事嫌ってますから


屋屋:えー、嫌ってますって
   昨日今日の付き合いじゃない
   入社2日目の黄身になにがわかるんだよ


黄身:それが、私は人の湯加減で具合がわかるんです


屋屋:じゃあ、僕はどうだね、具合はよろしいかね


再子:ほほほほ、あんたたち、そこで立ち話ばかり
   問答してたら、ややじゃまよーーーー


屋屋:味噌ニはどうしてる


再子:そんなの、今は関係ないでしょ
   じゃまなのよ、意見も、立ち見も
   やや、じゃまなの、ほっといって


課長:おお、園くん、きみをつれて
   すぐ部長のところへ行ってよ
   僕は、外に、電話でないなあーーー
   行くから、再子に、おいしものがあるんだって
   うるさいって、いっとくれ


::ジリジリジリーーーン


屋屋:えーー、さば味噌、切れてるーーーー
   再子さん、コピーしといてよ


再子:なんでよーー、今から、さば味噌コピーしてたら
   園くんの新人教育ややむずが終わらないわよ


::ジリジリジリーーーン


園: はい、部長が黄身に洋画あるって
   たしか、販売は来週だよねえ


屋屋:そうだよ、何考えてんだろ、


再子:きっと、社長と何かあったのよ


屋屋:それはないと思うなあ


再子:なんで、そう思うのよ


屋屋:それはねえーー、やや秘密だけど


-